• 発毛と育毛は異なる原理

    混同されることも多いのが、発毛と育毛です。

    似ているようでまったく違う原理になりますので、よくその差異を理解してから励むようにしましょう。
    まず育毛というのは、髪を育てる概念となります。



    太く抜けないように育てることを指しますので、抜け毛予防もそのひとつです。

    AGA治療で言えば、プロペシアが該当します。

    人気な発毛治療の特徴についてをいくつか紹介しています。

    飲む育毛剤と呼ばれていますが、正しい名称になることがわかるでしょう。
    発毛は毛を生やすことになります。
    AGA治療において指す医薬品はミノキシジルです。


    日本で唯一認められている医薬品となっており、外用薬が有名な商品があります。あくまでも発毛に長けており、育毛効果を求めて取り入れる手法ではありません。それは育毛にも同じことが言え、プロペシアで発毛を望んでいるのであれば、満足できる結果を得られないことが多いです。



    利用する判断基準としては、頭髪の本数によります。たとえば頭皮が透けて見えるような状態であれば、発毛剤を使いましょう。

    プロペシアのような製品では、頭髪の本数を増やすことは難しいですので、ミノキシジルを求めるようにしてください。


    頭髪の本数は満足しているけれど、ボリュームが足りない時は育毛剤を使うと良いです。
    このような使い方をすることによって、適切な頭髪の改善方法が見つかるでしょう。


    やみくもに良いと言われている製品を使うのではなく、自分に該当した商品を使うのが正しい増毛計画になりますので、それを忘れないようにしてください。