良い翻訳サービスとは

国際化が進み翻訳サービスを行っている会社も増えてきています。

そんな中で良い翻訳サービスを見分けることが重要となりますが、ここでは良い翻訳サービスについて説明していきます。結論から述べると適正価格である事とチェックサービスがしっかり機能しているかどうかがポイントとなります。見積もりにより翻訳料金を比較することが可能で、料金は基本的に翻訳した文章1文字あたりの単価×文字数で決定します。ですがた半角や全角の扱いや文字数のカウントは会社により細かい違いがあるので、その点をきちんと確認しておくことが大切です。

あと単価についても言語の種類や文章の分野、用途、専門性、納期によって異なるので一概に1つの案件だけで安いか高いか判断することは難しいと言えます。他にもネイティブチェック、DTPサービスなどのオプションを利用したい場合はその料金を調べておくようにしましょう。次にチェック体制がどうなっているのかも良い翻訳サービスか判断する為のポイントとなります。良心的な会社の場合は翻訳の質のレベルと保つ為に担当者の技量だけではなく、きちんとチェック体制が整っています。

ちなみにチェック体制というのは原稿が完成するまでに複数のスタッフにより校正することです。最初に一次翻訳が行われてから、次に違うスタッフが誤訳や役漏れの有無を確認していきます。あと専門用語が適正かや原稿内での表現やテイストが統一されているかも見ていきます。そして仕上げに依頼内容に沿っているかを確認して完成となります。あとネイティブチェックがオプションとしてあるかも判断材料と言えるでしょう。その言語を母国語としている人が読んで自然な文章か、時代に適した表現かをチェックしていきます。公共性が高い文章の場合は必要不可欠なサービスと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *