翻訳サービス支払い時の注意点

インターネットの進歩で農家が直接海外に生産物を輸出したり、取引の地理的な垣根はますます低くなっています。

日本の英語教育は義務教育の小学校でも必須科目となるほか、上の世代でも中学・高校と最低6年は学習していますがビジネスにおいて誤解はトラブルのもとなのでプロによる翻訳サービスの活用が有効です。言葉はコミュニケーションの手段であると同時に、契約などのフォーマルなシーンでは特別な意味を持ち、ビジネスでは普通の単語ではなく業界固有の専門用語になっていることも少なくありません。そこで、翻訳サービスを利用する場合は基礎教育だけではなくビジネスシーンでの活動実績、経験年数やこれまでの仕事の種類を確認すると有効です。

また、会社は従業員に給与を支払うときには源泉所得税を預かる義務があり、これを源泉所得税の徴収義務者といいます。源泉所得税の徴収義務者である事業者が、翻訳サービスを営む個人に翻訳の対価を払う場合には10.21%の源泉徴収が必要です。請求額の税抜き金額に対する10.21%を源泉徴収して、相手先には源泉徴収した残額を支払います。

預かった源泉所得税は本人に支払う代わりに税務署に納付するので、会社が支払う金額は請求金額通りになりますが支払先を分ける必要があります。源泉徴収義務者である会社は文字通り、源泉徴収する義務があるので、税金を預からずに全額を支払ってしまうと、会社が税金を払わなければいけなくなるので注意が必要です。もしも源泉徴収をし忘れた場合、会社がいったん納付したうえで本人から回収することになります。一方翻訳サービスの事業者が個人事業者ではなく会社の場合は、源泉徴収をする必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *