翻訳サービスと副業について

翻訳サービスというのはある意味で副業にとても向いていると言える仕事です。

先に断っておきますが、よほど語学力に自信がある人、そして単に外国語の知識があるだけではなく周辺分野の知識が相当にあるような人でさえも、翻訳サービスを本業にして食べていくのは至難の業です。

それくらいに厳しいことは覚悟しておいたほうが良いでしょう。しかし、副業としてであれば翻訳サービスの仕事は非常に裾野が広く、多くの人に門戸は開かれています。

もちろん副業とはいえ翻訳を行う以上、ある程度の語学力がないことには話になりません。いちいち全ての単語に辞書を引きながらやっているようではお小遣い程度のお金すら稼ぐことは難しいでしょう。

それであれば街中で誰にでもできるアルバイト的な仕事をやったほうがよほど実入りも良いはずです。ですが、では例えば大学の外国語学科を卒業するくらいの力は最低限必要かというと決してそんなことはありません。

文系であることすら必須要件ではなく、実際、理系出身の人も多くいます。特にビジネス、学術関連の翻訳の場合、実務の経験が大きく物を言うことも多いため、大学の学部や学科が何であったかよりも、その後の実務で翻訳に多少なりとも関わった経験があるかのほうが物を言うことも多いからです。

また、この仕事は仕事をする時間や場所に非常に融通が利きます。基本的に出社の必要はありませんし、時間についても締め切りを守れる以上はいつ行っても構いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です